児玉郡市 神社

金鑚神社 児玉町入浅見

児玉町入浅見 金鑚神社

入浅見 金鑚神社の由緒
名称 金鑚神社(かなさなじんじゃ)
祭神 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
所在地 埼玉県本庄市児玉町入浅見899
建立年 鎌倉時代
格式 旧村社
由来 社伝によると、児玉党支族の阿佐美右衛門尉実高が勧請した社で、天正4年(1576)9月に領主黒田豊前守の寄付によって社殿が改造された。入浅見は、古くは下浅見と共に「阿佐美」とされていた。児玉党の守護神。
例祭日 秋祭(10月14日)
祈願 災難除け、安産、家内安全
指定

入浅見 金鑚神社の鳥居 入浅見 金鑚神社の社殿

入浅見 金鑚神社の鳥居と社殿

Top