児玉郡市 神社

日枝神社 児玉町吉田林

児玉町吉田林 日枝神社

吉田林 日枝神社の由緒
名称 日枝神社(ひえじんじゃ)
祭神 羽山戸神(はやまどのかみ)
所在地 埼玉県本庄市児玉町吉田林925
建立年 治暦二年(1066)
格式 旧村社
由来 吉田林は、「和名抄」に見える黄田郷の遺称地といわれる。当社は、吉田林の東南㟨、生野山丘陵の西斜面上に位地する。「児玉郡誌」には「当社初め御年社と称す、創立は後冷泉天皇の御宇、治暦二年(1066)なりと云い伝う、一説に児玉党支族宮田某の勧請なりとも云う、その後永禄年間(1558~70)に至り、八幡山の雉岡城の裨将山口修理亮盛幸、該城守護のために近江国日枝山(比叡山)より山王権現を遷して御年社に合祀し、是より日吉大権現と称せり、社領は山口修理より神田若干を寄付し、その後地頭菅沼氏より、しばしば神田を寄進されたり」と記される。当地に御年社が勧請された経緯は不明であるが城跡から見ると当社は北東の方向に鎮座しており、後に城の鬼門除けとして山王権現が合祀されたのであろう。
例祭日 10月15日
祈願 五穀豊穣、健康良運
指定 吉田林の獅子舞

吉田林 日枝神社の鳥居 吉田林 日枝神社の社殿

吉田林 日枝神社の鳥居と社殿

Top