児玉郡市 神社

丹生神社 上里町勅使河原

上里町勅使河原 丹生神社

勅使河原 丹生神社の由緒
名称 丹生神社(たんしょうじんじゃ)
祭神 埴山姫命(はにやまひめのみこと)
所在地 埼玉県児玉郡上里町勅使河原1368
建立年 不詳
格式 旧村社
由来 勅使河原は、武蔵七党の丹党に属した勅使河原氏の名字の地とされる。丹党系図によれば、丹党の祖とされる武信から七代目の子息直時が勅使河原氏を称しており、また、長野勅使河原系図にも承保二年(1075)四月二日に「ト地同国加美郡勅使河原邑移居、則以地名為屋号」とあるところから、平安時代末期には勅使河原氏がこの地に住していたことがわかる。当社はこの勅使河原の鎮守である。当社の創建について、「明細帳」は古老の口碑として、応永年間(1394~1426)に神流川の辺に創立されたが、その後、出水で社地が流亡したため、永禄二年(1559)に現在の所に遷座したと伝える。「風土記稿」勅使河原村の項に「丹生社 村の鎮守なり、昔は神流川辺にありしが、川欠にて元禄年中(1688~1704)今の地へ移せり」と載り、当社にも元禄十六年(1703)の年紀のある幣束が現存することから、遷座の時期は元禄年間と思われる。
例祭日 10月20日
祈願 厄除開運、商売繁盛
指定 丹生神社獅子舞

勅使河原 諏訪神社の鳥居 勅使河原 諏訪神社の随身門

勅使河原 丹生神社の鳥居と随身門

Top