あじさいの小路 榎峠

あじさいの小路・榎峠・ごっくん水-本庄市児玉町

本庄市の、あじさいの小路は埼玉県北部で本庄市児玉町小平から榎峠の途中にあります。あじさいの小路は 児玉町小平の百体観音堂山門前を過ぎて林道小平線に入ると見えてきます。あじさいは約2kmに5000本が地元の 人達で植えられています。

あじさいの小路を少し進むと左側に、ごっくん水の案内板と「あじさいの小路」の石碑があります。ごっくん水はあじさいの小路の途中、左下にある自然の湧き水でボトルに入れていく人もいます。

あじさいの小路の中間付近のあじさい。本庄市の、あじさいの小路のあじさいは遅咲きで6月下旬~7月中旬過ぎまで見られるそうです。

榎峠の稜線付近 陣見山にも近い、あじさいの小路を登りきると榎峠の稜線に出ます。右は間瀬湖方向で秩父線樋口駅にも、左は陣見山方向から美里町です。

陣見山から十二天山へは約40分、十二天神社があり下ると十二天池~児玉町方向です。

陣見山と十二天山への登り口、陣見山~十二天山の秋山十二天社を下り、「寺戸の樫」-(美里町指定天然記念物)を過ぎると十二天池です