本庄かるた・石碑-な~の 四季と歴史
本庄かるた-な

本庄かるた-な

七夕まつりも夏の風物詩の一つ。七月七日に行われるのが通常ですが、本庄の七夕まつりは月遅れで八月七日ごろに行われます。工夫を凝らした飾りつけの下を歩くと、道の両端には金魚すくいや綿あめなどの夜店が立ち並び、夜遅くまで見物客でにぎわいます。(本庄かるたより)

本庄かるた-な 読み札

本庄かるた-な 読み札

夏の宵 夜店にぎわう 七夕まつり

本庄かるた碑-な

本庄かるた碑-な

中山道の中央三丁目信号近くにあり

本庄かるた-に

本庄かるた-に

待望の市民プールが完成したのは昭和四十八年。流水プール、競泳プール、スライダープール、児童プール、幼児プールなど五種類の異なったプールがあります。なかでも、人気を呼んでいるのがスライダープールです。夏休みになると、市民プールは水しぶきをあげながら滑り降りるちびっ子達の完成につつまれています。(現在は駐車場です。)

本庄かるた-に 読み札

本庄かるた-に 読み札

人気呼ぶ 市民プールの スライダー

本庄かるた碑-に

本庄かるた碑-に

若泉運動公園多目的グランド近くの駐車場付近にあり

本庄かるた-ぬ

本庄かるた-ぬ

初日の出に合わせ、一斉にスタートする元旦マラソン。昭和三十七年から毎年行われていますが、一年の健康づくりはこの元旦マラソンから―と年々参加者も増え、最近では六百人を越える市民ランナーが大久保山周辺の自然の中を、白い息をはきながら和気あいあいのうちにゴールインしています。

本庄かるた-ぬ 読み札

本庄かるた-ぬ 読み札

抜きながら 初日を拝む 元旦マラソン

本庄かるた碑-ぬ

本庄かるた碑-ぬ

本庄早稲田駅の南から大久保山の早稲田大学構内へ登った辺りにあり

本庄かるた-ね

本庄かるた-ね

毎年七月十四日、十五日の両日は八坂神社の祭礼で、この両日に近い土、日曜日は本庄祇園祭りの日です。子ども会、自治会、事業所などの御輿が街中を練り歩き、「ワッショイ、ワッショイ」「ソイヤ、ソイヤ」のかけ声を発し、押し寄せる見物人の波とともに、暑い夏の夜の本庄をいつそう熱く燃え立たせます。

本庄かるた-ね 読み札

本庄かるた-ね 読み札

練り歩く 御輿で街は 人の波

本庄かるた碑-ね

本庄かるた碑-ね

銀座通り中央一丁目信号付近にあり

本庄かるた-の

本庄かるた-の

牧西にある宝珠寺は中山道に面し、江戸時代には十石の御朱印地を賜った格式のある、お寺。樓上が鐘樓となっている山門の両脇に仁王様が安置され、四季折々に咲く野の花をじっと見つめています。

本庄かるた-の 読み札

本庄かるた-の 読み札

野の花を にらむ宝珠寺 仁王様

本庄かるた碑-の

本庄かるた碑-の

牧西の宝珠寺山門の手前付近にあり



➡本庄かるた・石碑-は~ほ

Top